高校生就職サイトランキング

高卒で就職を考えていらっしゃる方、大卒に比べると就職が困難だとか、最初から諦めたりしてはいませんか?確かに不利な面はあるにせよ、できるだけ有利な方法で就活を行いたいものです。そんな時にお役立ちなのが就職情報サイトで、何と言っても情報集めには欠かせない存在です。就職するにはなにより行動力が一番大事です

求人サイトといえば新卒用リクナビが有名ですが、ただリクナビで探せる求人はほとんど大卒者向きの仕事ですので、高校生お勧めできません。そこで全社会人を対象にした総合求人サイトであり、高校生がよく利用している求人サイトと言えば「リクナビNEXT」というサイトがあります。「リクナビNEXT」と「はたらいく」には高卒OKや学歴不問の企業が多く登録しているので、卒業後地元の企業で働きたい人はまずここを登録しましょう。
リクナビNEXT  [高校生向き求人数約1500件]


高卒OK・学歴不問の企業が多い

パソコンの初心者でも分かりやすいサイト作り!
とにかく仕事を探しやすいと情報量が多いのが特徴。
転職サイトと思われがちだが、実際はフリーターなども含めた総合求人サイト
「レジュメ」に登録することで、企業側からスカウトされる可能性が十分あります。
登録するだけで、260万件の求人情報を手に入る!
先月のオファー総数 サイト特徴 求人の地域 お薦め度
2,611,615件 学歴不問の求人が豊富 全国対応
リクナビNEXTの口コミと評判
求人サイトはたくさんあって、どこがいいか迷ってたけど、リクナビは大手だから信用できると思って登録しました。学歴、職歴とは企業に公開するとスカウトされる可能性もあるみたいので、登録しておいて損はないね。(10代 男性)

そもそもほかのサイトは使ったことないけど、私はここで就職できました!求人の量は多いかどうかわかりませんが、自分がやりたい仕事をすぐに見つかることができて良いサイトだと思います。(10代 女性)

学校の求人票とハローワークからいろいろ探してたけど、給料の良い求人がなかった。試しにリクナビを登録した。以外と学歴不問で給料が良い仕事がたくさんあってびっくりした。(10代 男性)

そろそろちゃんと就職しようとネットで探してリクナビNEXTに行きついた。サイトはシンプルでほかより使いやすく自分には合っていた。レベル高そうって最初は思ったけどフリーターからでも就職できる仕事もいくつかあった。

高卒で就職したけどダメで新しい仕事を探してました。フリーターしかないかな?って期待してなかったけど探せばちゃんと正社員の仕事もあります。リクナビNEXTは求人がいっぱいのってるから地道に探せば良い仕事がきっとみつかるはずです。

未経験者でも正社員になれる求人も探せばあるんだなって感じ。水曜日に新しい求人が載るから水曜はかかさずチェックして、あせらず本当にやってみたい仕事がでるまで待つのがいいよ。

載ってる仕事がちょっと大人っぽい感じです。むずかしそうだなって思ったけど、あきらめずに応募してみました。いまは正社員で営業のお仕事始めました。わかんないことも多いけど、人間関係はいいから頑張って続けたいです。

周りの人はみんな就職したから、とりあえずここを進められたので、登録してみました。ここのスカウトに登録しておいて、他のサイトを使うのが効率いいって言ってましたね。自分で探しつつ向こうからも求人が来るとか(10代 男性)

求人はほかよりたくさんあります。学問不問で未経験者も歓迎のもけっこうあります。でも高卒以上、大卒以上のほうが有利です。それはほかのサイトでも同じです。自分が良いと思った求人はいくつも応募しました。3ヶ月で仕事見つかりました。

求人件数は多いがハードルが高い。有名企業の求人が多いからから、エントリーしても履歴書で落ちることが多かった。大学中退者には厳しいようだ。これは他の求人紹介サイトでも同じことが言えるのだが。やはり就職には学歴が必要なのかもしれない。

リクルートエージェント  [求人探しをアドバイザーに依頼]

 リクルートエージェントは、転職業界最大手のリクルートグループが運営している転職支援サイトです。完全に無料で登録でき、転職アドバイザーからの支援やアドバイスもタダで利用することができます。  転職のプロからのアドバイスを受けながら就職活動を進めることができますから、転職が初めてだという高校生の方からも高い評価・支持を受けているようです。「自分にピッタリな仕事は何だろう…」と悩んでいる方も、面談を受けながら提案を受けることができます。

リクルートエージェントの口コミと評判
始めての就職活動だったんですが、見事正社員として採用してもらうことができました。就職活動のイロハを知ることができたので、不安を感じることなく転職することができました。リクルートエージェントでよかったなぁと思っています。

色んな転職サイトに登録したけど、検索型のものよりも、提案型のサイトの方が求人案件を探しやすいなぁと思った。自分で探し出さなくても、自分が求めているものを探し出すことができて驚いた。

エージェントタイプって、いろいろ面談とかあって面倒かなぁと思っていたけど、先生から個別指導を受けているような感じで親身になってサポートしてもらえたのでよかった。

自分が本当になりたかった職業は、薦めてもらえませんでした。転職のプロ目線で、業界の現状などを丁寧に説明してもらえたのでゼロから自分と将来を見つめなおすことができました。厳しいアドバイスだったけど、受け止めなければなぁと思っています。

※就職サイトの口コミ募集しています。

 

利用した求人サイト名:

年齢:   性別:男性女性   評価:   

1、面接での姿勢と声
高校生は高卒者として就職を目指すわけですから当然のこと、キャリアがあるわけでも実績があるわけでもありません。これが社会人であればこれまでのスキルや経験が採用の判断基準にもなりますが、高卒から就職を目指す場合にはある意味で面接が全てだと言ってもいいでしょう。それだけに面接で採用されるためには、どんなことに気を付ければよいのかを一緒に考えていきましょう。

面接では姿勢を正すことに気を付け、面接担当者の質問に元気よく、ハキハキと答えるように心がけます。姿勢を正し面接担当者の目を見て、質問に答えることが基本です。相手の目を見て話すことができないと、面接担当者から自信がないと判断されます。下を向いてボソボソと話す人と面接担当者の目を見てハキハキと答える人では、あなたが面接担当者であればどちらを採用するかは言うまでもありません。

2、面接で担当者が見ているのは
キャリアや実績がない上に若さや覇気も感じられなければ、面接で採用されることはまずありません。中には人と喋るのが苦手な方もいると思いますが、面接で大事なことは喋るのが得意な人を採用するのでは、面接担当者はあなたのやる気や熱意を知りたいのです。面接では必ず担当者が志望動機について訊いてきますが、これもあなたのやる気や熱意を知るための質問です。

あなたがどれくらい面接に来る前に、自社のことについて調べてきたかをチェックされます。面接担当者から「なぜ応募したのですか?」と質問されて、もし応募先の企業のことを何も知らなければ答えようがありませんよね。面接に行く前にその企業のホームページなどをチェックして、どんな経営方針なのかや社長の考え方なども知っておくと有利です。

ただ気を付けたいのは志望動機について答える時に、必ず自分の言葉で話すことが大事です。そうしないとあなたという人柄や、人物像が面接担当者に伝わらないからです。面接の最後に「何か質問はありませんか?」と、必ず訊かれます。その際に「何もありません」と答えると、本当に入社する気があるのかと疑われしまいます。そのため面接担当者に入社への意欲が伝わるような質問を、何でもいいので考えておきましょう。

ここがポイント!

  • 面接では担当者の目を見てハキハキと答える
  • 面接担当者はあなたのやる気や熱意を知りたい
  • 面接では必ずあなたの志望動機について訊かれる
  • 事前に応募先の企業のことをホームページなどで調べる
  • 面接の最後に「何か質問はありませんか?」と訊かれる
  • 入社への意欲が伝わるような質問を何でもいいので考える
まとめ
面接ではとても、緊張するのが普通です。面接担当者は椅子に座る姿勢なども、採用の参考にしています。そのため自宅で椅子に座る姿勢を鏡で見たり、自分の表情を確認したりするのもいいかもしれません。もし面接に不安がある方は人材紹介会社が運営する、就職サイトを利用されることをお勧めします。就職サイトの担当者が擬似面接を行ってくれたり、面接セミナーにも無料で受講できます。

高校生の就職もこれでばっちり!お役立ち情報特集



TOP 就職までの流れ いちおし就職サイト